運動後の食事

 

8月も終わりに近づき、暑さもますます増して皆様どのようにお過ごしでしょうか?

夏バテ防止のために体を動かしてる方、お食事に気をつけてらっしゃる方、健康に気をつけていらっしゃる方、他たくさんの過ごし方があると思いますがちょっとした工夫で日頃からご自身の取り組みをより生かすことのできることがあります。

それは運動後のお食事の取り方です。

運動前のお食事も気をつけておくといいのですが今回は運動後のお食事についてお話しさせていただきます。

運動と言いましてもひとそれぞれ運動量が違うと思いますので今回はすごく運動される方、軽く運動される方、共通して大事なことをについてです。

 

まず、運動後は水分を取られる方がほとんどだと思いますが、運動をするということは少なからず筋肉を使います

そこで疲れを取りやすい(疲労物質を運んでくれやすい)のが柑橘系のお飲み物です。

柑橘系にはクエン酸という成分が含まれていますので、果汁100%のオレンジジュースなどが良いでしょう。

yjimage-3

 

 

 

 

 

また運動をたくさんしたからと言ってそのあとに焼肉をガッツリ食べる、脂っこいものをたくさんビールと食べるなど暴飲暴食は是非お控えください

その理由は、運動後約30分ほどは筋肉に血液が集中しており、胃に血液が通常より少ないため消化する力が弱まっています。そんな時に胃に負担のかかるお食事をされると胃もびっくりして負担がかかることでしょう。

また、運動をして筋肉を使うということは関節や骨にも刺激が加わります。実はこの時に筋肉と骨には刺激を与えることによりプラスの電気を帯びます。そしてマイナスの電気を帯びているものを引き寄せやすくなります

つまり、この時に食べ物で摂った成分がマイナスとして引きつけられ、吸収されやすくなるということです。

運動後に甘くて美味しいものを食べたくなりますが、体に吸収されやすいということを覚えておいてください。

では筋肉にとってどんな食べ物が良いのでしょうか?

それはご存知の通り『たんぱく質』です。

この時に喉の渇きも満たし、たんぱく質も十分に含んでいるのにもってこいのものは牛乳ですね。yjimage-2

牛乳はカルシウムも豊富に含んでいるので骨を丈夫にするという点でも優れています。

あるいは最初に述べたクエン酸を含む柑橘系のお飲み物。ですがオレンジジュースなどは糖分もかなり含んでいることがありますので、美味しくて飲みすぎないようにご注意ください。

また運動後にバナナやチーズなど食べて胃をだんだん慣らしていきしっかりお食事を摂られることも良いでしょう。

yjimage-1

また運動後のお食事のサラダの中にゆで卵の白身を食べやすい大きさに細かく砕いて混ぜるのも良いと思います。

是非このようにされて日々の運動後のお食事に気を使ってみてはいかがでしょうか?

また次回運動後のお食事についての続きをお話します。