油断してはいけません!運動器症候群!

昨日、朝の簡単体操クラスが終わり、空き時間に銀座に2017年の手帳を買いに行きました!

年が明ける前に手帳を新しくするこの時期は一年を通し振り返ったり、来年からの予定や気持ちがワクワクします。

今まで長年愛用していた手帳の外側が壊れてしまったので同じシリーズの新しい外側を購入!

胸の中で、今日から怠けないようにマネジメントよろしくお願いします。(中身は10月から入れ替えたので。)とつぶやきましたm(_ _)m

そのあと、昼食にMoana Kitchen Cafe(モアナキッチンカフェ)という店に入りハワイアン料理をいただきました。

麦飯入りのご飯に、色とりどりの野菜、メインの鮪(まぐろかと思いきやアヒと呼ぶそうです。)が上に乗ったアヒ(鮪)のフェンネルソースライスボウルというのを食べました。

img_6960

野菜も豊富に入っており、1食の目安タンパク質量であ80g鮪もでしっかり含まれていました。

アヒは軽くソテーしてあっさりでも香ばしくもあるタレが麦飯にもかかりとっても美味しかったです。

麦飯に含まれている食物繊維が後にも先にもお腹を良い感じに満たしてくれました。

他にもハワイアン料理の定番メニューのロコモコもありました。

お近くに行ったらぜひお召し上がりください。店もとても南国雰囲気で素敵なところですので南国好きの方必見です!

ロコモコといえば健康寿命を脅かす『ロコモティブ・シンドローム』通称ロコモという言葉をご存知ですか?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-12-02-34

問題になっていることがあり、40歳以降何も運動をしない人の5人に4人の方が歩けなくなっているのです。

それがこの『ロコモティブ・シンドローム』という症状です。日本語でいうと『運動器症候群』という意味です。

運動器症候群(ロコモ)は運動器と呼ばれる部位
・筋肉
・骨
・関節

・軟骨

これらに何らかの障害や支障が出てしまい自立して生活が行えなくなるということです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-11-12-10-47

人間は『まだ大丈夫!今やらなくても大丈夫!』と思ってしまいます。

しかし例えば歩行困難になってから『昔から運動しておけば良かった〜』『若いうちから正しい動かし方勉強しておけば良かった〜』

思う頃には手遅れまでは言いませんが、筋力を取りもどす、あるいは昔のように歩行するのが困難になる可能性にあります。

前にも記述しましたが人は、何もしなければ30歳代から徐々に筋力が減ってきます。

 

いづれ80歳になる頃には、一番体が効いていた20歳代の頃の半分にまで筋力が落ちてきます。

そして自立して日常生活が送れなくなります。

yjimage-1

 

 

今は大丈夫と思っている今のうちから運動器を動かす習慣をつけ将来に備えましょう。

lifejourneyのレッスンでは全身伸ばして気持ちよくなるストレッチや姿勢をよくしたい方への姿勢改善ストレッチ、健康寿命の維持、運動器を動かす内容もございます。

お気軽にお問い合わせくださいませ。お問い合わせはこちらからどうぞ

※コメント記入欄に『お名前』『メールアドレス』『ウェブサイト』 は必須項目ではありません。

 無記入でも投稿できます。

 尚、メールアドレスをご記入いただいたとしても公表されることはありません。