足の先から頭のてっぺんまで真直ぐ立つ

昨日10:00〜11:00の簡単体操ストレッチクラスでした。

今日は毎週金曜日の千葉県浦安市高洲自治会集会場でしたが、昨日が今年最後のクラスでした。

来年のこちらのクラスは2017年13月(金)10:00〜11:00からスタートになります。

 

今日は『姿勢の真っ直ぐ』を意識していただく内容のクラスをしました。

真っ直ぐ立つ意識をされることってそんなに普段からないかもしれませんが、とても大切なことなんです。

 

ただいきなり、姿勢を正して真っ直ぐしてくださいと言ってもいきなりピーンと綺麗に背筋を立てられるものではありません。

 

『姿勢を正す』ことをするにも単純に、自分の中で真っ直ぐと思う姿勢で直立するだけではなく、全身の筋肉をまずは入念にストレッチし、上半身や下半身のポイントとなる筋肉を意識していただかなくてはいけません。

 

クラスの前半にまず、背筋に関係する背中の中心周りの筋肉(脊柱起立筋)をに動かしいていただき、首や腕の付け根、肩甲骨周りの筋肉のストレッチも合わせてやっていただきました。

こうすることにより、細かい筋肉のコントロールもご自身の感覚が行き渡りしやすくなります。

 

これらのストレッチ後に背筋を真っ直ぐまずご自身の感覚で立っていただきました。そしてつま先だちしていただきしばらくバランスを保っていただきましたが、グラグラとされる方が殆どです。

そこで次に以下の注意点に気をつけて再度チャレンジしていただきました。

・おへその位置をみぞおち辺りまで移動させるような感覚でウエストを細くする。

・お尻をキュッとしめ下半身を安定させる

・腕を上に伸ばし、脇腹の筋肉の伸びを感じ、あばら骨一本一本が離れていくような背伸びをする。

たったこれだけで劇的に安定するようになりした。

そしてもっと大事なのはここからです。

 

つま先立ちをして安定しているということは背中が真っ直ぐでバランスが取れた姿勢であるということです。

その姿勢のまま背中やお腹を軽く緊張させたままコントロールしながらゆ〜っくりかかとを地面に

つけていくと背筋が真っ直ぐのまま直立になります。

 

普段、無意識のうちに背中が楽な姿勢をとって曲がってしまったりいろいろな癖が原因で猫背になり知らないうちに腰や膝の負担に変わり痛めてしまう方も少なくありません。

お出かけ前に一度玄関で姿勢を正してから外出されるとまた気分が違うかもしれませんね。

yjimage-14ぜひお試しになってください。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

※コメント記入欄に『お名前』『メールアドレス』『ウェブサイト』 は必須項目ではありません。 無記入でもコメント投稿はできます。

 尚、メールアドレスをご記入いただいたとしても公表されることはありません。